これまでに使ってきたカメラは10数台ある。

最初はニコンのフィルムカメラから始まって今ではデジタル一眼レフへとシフトしました。それまでに色々物色はしましたがお金的に余裕がないので長年愛用してきたカメラやレンズも多数あります。
それらカメラ一式を売却することにしたんです。理由は時代かなぁ。。

今や子供も成人となり写真を撮ることがほとんどなくなってしまいました。いや、正確には撮ることはあるんだけど、スマホで十分!!これに尽きます。今のスマホは高性能化しているため、近距離の撮影なら十分綺麗に撮影できます。

カメラ売る=買取が利口

イザ売るってことになると個人売買なんかも考えられるが面倒な性格なので到底無理。
一番手っ取り早く確実に売れるということで買取をチョイスですね~~!

買取店にも色々あるんです。
なかには店舗ナシで買取しているお店もあります。
店舗はないんだけど事務所はあって、そこで買取してくれます。
そのほうが店舗費用がかからないため買取価格が高くなる傾向にあるんです。

さらに、カメラの台数が多いときに利用すべきなのが出張です。
自宅までスタッフが出張してくれて査定~買取してくれます。

 

まっつ
この方法なら手間がかからない!

カメラ数台なら運ぶのも手間じゃないけど、台数が5台を超えてくるとそれなりに重いため、できれば楽して売りたいと考えますね。そうなってくると出張買取を考えるのがおすすめです。

ただし注意点がいくつかあります。

詳しくは「カメラ出張買取で高く売る」に書かれてるのでこちらを見るのが一番ですが、出張買取に関してはお店を選ぶことが重要になってきます。さすがに自宅まで来てもらっておいて断るわけにもいきません。金額を聞いてやっぱり売るの止めましたなんて言えないので、きちんと高額で売れる店を見つけてそこへ依頼しなくちゃならないんです。

探し方についても上述したサイトに詳しく書かれてるので、カメラの出張を使って売却を考えてる人は絶対に参考にして売るべきです。

中古カメラ売るための準備

どうせ売るなら高い金額で売れたら嬉しいですね~。では、そのためにやっておくことを紹介しておきます。

●付属品は絶対そろえる
●埃が被ってるなら掃除
●ケーブルも必須

カメラを買ったときに付属してた物は完璧に揃えましょう。
なにか一部でも欠品してると減額対象になりかねません。とくにケーブルとか箱って大事なんです。
それから、しばらく使ってなかったカメラだと、埃被ってることもあります。

そんな状態で売るのはタブー・・・・。
やっぱ買取店の担当者も人間。
パッとみたときに綺麗なカメラのほうが評価高くなります。

だからきちんと埃を除去するとか、掃除してあげましょう。